障害者の性事情とデリヘルの利用について

Noサムネイル」

障害者ってどこでセックスをするのとか疑問に思う人はいると思います。

今回、このような悩みを解決できる記事を書きます。

現在の日本には性に関してあまりオープンに話すことができない環境になっており障害を持っている人はどこで処理をしたらいいのか迷う人も沢山います。

男性用の処理に関してはありますが女性用の処理に関してはありません。

なぜないのかを紹介したいと思います。

障害者は、身体障害、知的障害、精神障害の3つに分かれています。

身体障害者の性事情

セックスができない場合

身体障害は様々な障害があり、セックスに関して難しい場合もあり、下半身の感覚がない場合、鈍い場合や勃起をしない場合もあります。

自慰行為ができない場合

自分で思い通りに体を動かすことができない障害者もいます。性欲がたまっても自分で解消することもできません。

知的障害者の性事情

身体障害同様で、個人個人で障害の程度が違います。性を理解することや性行為を正しくすることが難しい場合もあります。

性欲があるのに対処方法がわからない場合

知的障害者に対しての性教育は充実していません。

ですので、避妊や妊娠などに関して理解することが難しい場合もあるため性行為に関しての事情を行わない場合があります。

そのため性欲を感じても欲求をどのように解消したらよいのかを知らないため知的障害者の悩みの一つになります。

自慰や性行為の仕方を教えてくれない場合

一般の人は、ネットや友達に性行為や自慰行為などを聞くことはできますが、知的障害者は難しい場合があります。

そして性関連の情報量が少ないので自分で解消することもできません。

障害者の性処理はどうする?

知的障害者でも身体障害者でも、性欲は普通にあります。

けどどのように処理をするのかわからない場合

親が協力する

一人で解消が難しい場合は親が協力する場合が多く、たまに姉や妹が協力する場合もありますが、母親に性処理をしてもらうことはお互いに負担になり、射精をしたとしても屈辱や辛さを感じることもあります。

パートナーが協力する場合

障害者の性処理はパートナーが協力することもありますが、障害者の恋愛は事情は恋情は愛事恋愛事情は非常に厳しい見方をされる場合もあり偏見などからパートナーがいない障害者がたくさんいるのが現実です。

パートナーがいた場合でもパートナー自身障害がない場合は離れていくケースが多数あります。

風俗店

障害者の性処理は一般の風俗店でもできますが、一部障害者が利用できない風俗店もあります。

そのため事前に連絡をして確認する必要があります。

障害者の性介護サービスがあります。

障害者の性処理は家族の負担もかかるためそのような負荷を少しでも減らすために障害者性介護サービスがあります。

1.あくまで射精介助サービスになります。そのため女性に挿入するのではなくて射精を手伝うサービスになります。

  • 衣服を脱がせます。

射精介護サービスでは、女性キャストが多数在籍しておりまず、障害者の衣服を脱がせてから性介護をする女性が服を脱ぐことはなくて障害者男性は完全に受け身になります。

  • ローションを使用して勃起させます。

射精介護サービスをする女性キャストは研修があり、男性器を勃起させます。その際必要であれば、アダルトビデオや雑誌を見ることがあります。

障害者によっては下半身の感覚が鈍い場合や勃起をしない障害を持っている場合などは射精介護サービスを受けることが難しくなります。

  • コンドームを使用しピストン運動をします。

男性障害者の男性器が勃起をした状態でコンドームを装着します。勃起するまでは素手でしたり手袋でする場合もあります。

挿入しないのになぜコンドームが必要なの?

射精後の処理負担の軽減や性病や感染症の予防にもなります。射精をしてしまうと広範囲に精液が飛び散る場合もあり、コンドーム着用は必ずします。そして

女性キャストの感染症予防や障害者自身の体を守る行為にもなります。

  • 射精後の精液の処理について

障害者が射精を行った後はコンドームを外してから男性器をきれいに洗います。

射精介助サービス

利用対象者は

  • ・二次障害の進行により、自力で射精が困難になった脳性麻痺の男性
  • ・ALS,SCD,SMA、筋ジストロフィー、パーキンソン病など

利用料金とコース

  • ・入会費、年会費は無料
  • ・ケア料金 無料

ご利用時間は、30分、45分、60分があります。

交通費、移動費のみ、利用者負担になります。

障害者専用デリヘル

普通のデリヘルとは違い自宅に向かうときも介助するスタッフも一緒に同行します。

プレイができるように体制を整えたり、シャワーに連れていくとかもあるため風俗嬢もスタッフも介護に関する知識がないと対応できません。

そのため元看護士や元介助士などの資格を持っている人の応募が多くなります。

料金に関しては一般の風俗店に比べると高くなり、一般に比べると市場も狭くて客数も少なくて割高になってしまいます。

男性の性介護はあるのに女性の性介護がないのはなぜ?

ニーズがありません

女性にも性欲はもちろんありますが、一般人と比較するとそこまで性欲はありません。

性欲を感じない人もいるので、男性のようにたまったら出すという欲求もありません。

女性障害者の性へのにーうがないことからサービス自体がないのと、日本人の女性は性に関して内向的な感じであまり発言しにくい部分もあります。

ケアが難しい

女性障害者向けのせい介護サービスが発展しない要因は、サービス内容の基準が難しいことが関係しています。

男性のようにどこまでという区切りがないのでさーいすとして確立させるのができません。

日本には、ありませんが海外にはあります。

日本よりも早く障害者に向けたせいに関してのサービスがあり、オランダのセックスボランティア制度です。

セックスボランティア制度とは一部有料がありますが市や自治体の援助を受けて障害者にセックス行為や自慰行為を手助けする支援のことです。

福祉で有名なスイスでもセックスボランティア制度が導入されています。

知的障害者施設で妊娠

知的障害者施設で妊娠事件がありました。

それは、作業所に通っている障害者同士で性行為をしてそれを職員に見つかり妊娠検査をして妊娠が発覚しました。

男女ともに知的障害を持っていたため子育ては難しいと判断されて中絶を行っています。

けど中絶をする際も障害を持っているからという理由で中絶手術を断れています。

障害者の性サービスについてまとめ

日本での障害者に対しての性サービスが充実しているとは言えませんが、関東地区と関西地区の一部ではホワイトハンズがあり、射精介護サービスがあります。

風俗店もありますが事前に電話しないとわからない状況です。

女性の性サービスは現在のところありません。

どのようにすればいいのかがわからないのとニーズがないからです。

そして日本では、知的障害者のレイプ事件も多数ありイメージでは悪い感じがあります。

海外では、セックスボランティア制度が充実している地域もあります。